申告も相談も!税理士の税制支援は縁の下の力持ち

税理士の仕事は、個人や企業が納めるべき税金についてサポートすることです。税金にはたくさんの種類がありそれぞれについて細かく法律で定められているため、確定申告など自分で調べて納税しなくてはならない場合は非常に煩雑に感じられます。しかも、ミスがあって追徴金を払う羽目になると余計な出費となってしまいます。こうした納税にまつわる悩みやトラブルに対処してくれるのが税理士です。

特に企業の場合は大金が動きますので、経理を担当する社員は細心の注意を払う必要があります。ただし経理業務を託せる社員がいないと、代わりの担当者を見つけなければなりません。そこで税理士や会計士の出番となりますが、この両者は業務内容の共通点が多いので違いをわからない人が少なからずいます。

どちらも税や会計に関する仕事ではありますが、税理士は税務を、会計士は監査をそれぞれ独占業務として扱っています。そのような業務の違いから、税理士は企業側に立って親身になって寄り添う姿勢が見られるのに対し、会計士はあくまでも中立的な立場を貫きます。そのため、税理士には企業を支援する様々な業務が存在します。

このサイトでは税理士が企業を支援するための業務として、税制支援・財務や金融支援・経営支援の三つに分けて、それぞれの特徴やメリットを紹介していきます。普段はあまりスポットが当たることのない税理士の業務が、実は企業にとってどれほど貢献度が高いかということが理解できます。

税理士の仕事は会計士とは違う!企業支援に尽力する業務内容

税理士の企業支援としてまず挙げられるのが、税に関する数々の業務の代行や対応です。 税理士の支援を受けることで、節税対策など税への不安を解消できるしトラブルも未然に防げます。 これらは税理士法で規定されている業務内容であり、税理士しか行えない仕事でもあります。

お金関係全般を顧問税理士に託して業績アップを狙う

目先の税金対策だけではなく、帳簿や給与計算などの日常的な会計作業も税理士が請け負ってくれます。 また金融機関の紹介や助成金の案内など、資金面でも強力なバックアップをしてもらえます。 ただしこれらの支援を受けるには、税理士との間に顧問契約を締結する必要があります。

経理以外でも頼れる存在!税理士の強力な経営支援

税の専門家のイメージが強い税理士ですが、企業の経営支援についても惜しみなく力を発揮します。 ときには経営会議に出席して方向性を示したり、国からの支援措置のための書類を作成したりします。 税理士は、企業の成長を様々な場面で支えるかけがえのない相棒となってくれます。

おすすめリンク

相続税申告を自分でする方法

相続税申告は難しそうですが、ポイントを押さえれば自力で可能です。ポイントをまとめました。