税理士の仕事は会計士とは違う!企業支援に尽力する業務内容

この記事をシェアする

納税のときに助けてくれる頼もしい味方

税理士の仕事はその名の通り税金に関連する業務をメインとしており、企業に対して税務面から様々な支援を行っています。

特に税理士のみが行うことができる業務が、税金の申告や申請の代行とそれに必要となる書類の作成です。一般のサラリーマンは確定申告を会社が代わりにしてくれますが、それも含めて会社の確定申告を税理士が代行します。税務書類の作成は煩雑ですので、税のエキスパートである税理士に依頼するとスムーズに進みます。

他にも起業時に必要な青色申告の承認申請や、税務署による調査の際の立ち合いとその後の決定に不服があった場合の申し立ても税理士にしかできない仕事で、その道のプロにお願いするのが最も安全で確実な方法といえます。

税金に関する内容なら何でも相談できる

もうひとつ、税理士ならではの役割なのが税務相談です。税金の申告代行や税務書類作成に加えて、この税務相談の三つが税理士法で規定されている税理士だけができる業務内容です。

税務相談では税についてのあらゆる相談に対応しており、なかでも企業を悩ませる節税対策へのアドバイスは非常に有効です。個人と違い企業は動くお金が大きいので、税理士に相談して税金への対策をすることで資金繰りに圧倒的な差が出ます。

もし周りに経理経験があり多少の税務知識を持っている人がいても、税務の相談は税理士法違反と見なされますので避けてください。生半可な情報をうのみにして取り返しのつかない状態にならないよう、税のことは税理士に聞くのが間違いありません。