経理以外でも頼れる存在!税理士の強力な経営支援

この記事をシェアする

経営そのものにメスを入れて改善

税理士によっては、税金や会計などのお金の流れを元に経営における現状や将来の目標などについてアドバイスを行っています。データに裏打ちされた分析は的確で、この上ない支援となります。

顧問税理士の場合は、会議に参加して経営陣に改善策を提案するなどの協力をします。経理を担当しているからこそ見えてくる会社の課題を提示したうえで、説得力のある助言を得られます。実績豊富な税理士であればこれまでの経験から今後の予測ができて、問題点をクリアするためのポイントを指摘します。

得意分野に個人差はありますが、経営コンサルタントとしての側面も併せ持つ税理士はたくさんいます。会社の明るい未来のために、積極的に税理士に質問や相談をするのが目標達成への近道です。

経営計画の作成と実践を手助け

数年前に中小企業経営力強化支援法が施行され、主に中小企業の経営力向上のために税金や金融支援などの措置が受けられるようになりました。そのお手伝いをしてくれるのが税理士です。

国からの恩恵を受けるために、企業は資金繰りだけではなく人材育成や設備投資などの生産性向上のための取り組みを盛り込んだ事業計画を作成する必要があります。経営革新等支援機関として認定されている税理士は、この経営力向上計画を作る際に力を貸してくれます。

税理士は、企業を支援するために経理面でも経営面でも力になってくれる最強のパートナーです。現状にマッチする税理士に出会えれば、共に手を取り合って業務拡大と末永い繁栄への道のりを歩んでいけます。